インテル観戦ツアー 三日目

前日の興奮も冷めやらぬまま目覚めると、朝からテレビでは試合中継が再放送されてます。
なんて清々しい朝なんでしょう!(笑)
佑都のゴールシーンを見ながら思わず
「んふふ。あはは(´▽`*)」
と笑い声を漏らしてしまい、姪に不気味がられます。

この日は午前中が「サン・シーロ」スタジアムツアー、午後からは自由行動。
スタジアムまでのバスの中ではガイドさんが、イタリアについていろいろお話してくれました。
イタリアでは思ったことはなんでもすぐに口に出すのが美徳。
よって、なかなか本音を言わない日本人はかなり気持ち悪く思われるそうな。
とにかく自分が一番美しく、一番賢く、何ひとつ間違ってはいない!
と、思い込んでるのがイタリア人なんだそうな。

そしてバスは前日試合を観戦したスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)に到着。
早く着きすぎてまだ開いてないので、15分くらいウロウロ。

画像
まったく意味のないポージング(笑)。

画像
夜に来たときより寒々としたスタジアム。


やっと開門して中へ。
ガイドさんは小柄で可愛らしいおねえさん。

画像
スタジアムのガイドさんのイタリア語を、ツアーガイドさんが訳してくれます。

ガイドさんによると、ピッチの芝張替えには2000万円くらいかかるとのことだけど、ここの芝ってかなり滑るんだよね。
試合中、足を滑らせてチャンスを潰した選手たちがどれほどの悔し涙を流したことか(パッつぁんとか…(´;ω;`)
そんなにお金かけてもそれじゃあねぇ…。

画像
私の隣にいるのが、例のおじいさんカプ(笑)。
この旅行中ずっと
「あのおじいさんたちどこに行ったかな?何食べたのかな?」
とか気にしちゃってました(笑)。


次はインテルとミラン両チームのロッカールームへ!
選手たちの汗や涙の染み込んだ椅子とか壁とか床とか触れるのよぉ((o(´∀`)o))ワクワク
まずはインテルのロッカールーム。

画像
真ん中にいらっしゃるのが我らがキャプテン(笑)。

画像
佑都がエトーのエトーとご対面したシャワールーム(笑)。
立入禁止なので窓越しで。
窓に映る自分のニヤニヤ顔に気づいてハッと我に返ったり(笑)。

お次はミランのロッカールームへ。
画像
インテルに比べると派手!
これはオーナーの好みによるものだそうで。
ミランのオーナーは、ご存知元イタリア首相ベルルスコーニさん。
インテルのモラッティさんはシンプルなのがお好き。


選手が座る椅子は決まっているそうです。
この説明の前に、全然知らずにズラタンの椅子に座っちゃってました(笑)。

ミュージアムにはトロフィーや歴代選手のユニフォームなどが飾られています。
もちろんこの人のも↓
画像


そしてユニフォームを買うべくショップへ。
しかし、約60人がショップに向かうのでこの状態。
画像
しかもマーキングは買うときに頼まなくてはいけないので時間がかかる。
ミュージアムとショップ合わせて30分しかいられないので、ユニフォームはガッレリアにあるお店で買うことにして、ここでは姪とおそろでTシャツのみ購入。
しかしツアー参加者の中には、一人で大量にジャージなどを買い込んでる人もいる。
あれは知り合いに頼まれたってレベルじゃなかったな。業者か?(笑)


帰りはドゥオモ近くで降ろしてもらって前日下調べしたFANS SHOPへ。
ここの店員さんが日本語ペラペラ。
速攻で「NAGATOMO・55」マーキング入りのユニフォームゲット!

店員さんが「日本のどこですか?」と聞くので「山形です」と言ったら「OH!山形美人ですね」とか言われて気分上々(笑)。
その人は宮城県の松島に住んでいたんだって。
震災はかなりショックだったそうです。


ガッレリアの中に、願いが叶うおまじないポイントがあるとツアー参加者の方に聞いたので行ってみました。
馬(牛?)のモザイク画に踵をつけて、願い事を唱えながら三回転すると叶うんだって。
かなりの人だかりで、おっさんもおばさんも次々にクルクル回ってます(笑)。
私もタイミング見計らって、人の輪の中に入ってってクルクル。
画像
願い事は秘密(笑)。
きっと叶うよ。


ご飯食べてまた「SOLO INTER」行って買い物して、デパートにも入ってみました。
クリスマスシーズンなので規制されるくらいめちゃ混み!

帰りは地下鉄で中央駅まで行って、エキナカのお店でお土産とか買い込んでホテルに戻りました。
なんだかもう、中央駅まで戻るとホッとしてしまう自分がいる。

部屋でさっそくユニフォームを着てみました。
画像
ご満悦~(笑)。


ホテルで少し休んで、ミラノ最後の夕食は日本料理を食べに行くことにしました。
ガイドさんが、佑都がよく行くお店だと教えてくれたから(笑)。
歩ける距離だったので、夜のミラノをブラブラと20分くらい歩いて行きました。
画像
画像
なんだかこのとき通った道(Moscova通り)が、既視感があるというか、夢で見たことがあるような街並で、ずっと不思議な感覚を持って歩いてました。
今でもあのとき歩いた道や街並を思い出すと、うっとりと夢心地になってしまう。

そんなフワフワした気持ちでたどり着いたのに、現実ではお店は閉まってました(笑)。
時刻は18時くらい。
休みなのか準備中なのかわからず、とりあえず街中をブラついたり、あまりやる気のない兄ちゃんがやってるカフェでお茶したりして時間潰し。
ネットで調べて19時開店と判明し、頃合を見て行ってみたら開いてました。よかった~!

店員は日本人で、もちろんオーダーも日本語で、
「日本語が通じるっていいもんだねぇ」
って、しみじみホッとしちゃった(笑)。

お寿司を注文したんだけど、最初にお通しで出たほうれん草のおひたしがたまんなく美味しくって!
もちろんお寿司も美味しかった~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

画像
やっぱ日本食が一番だよなぁ。。。

店員さんに佑都のことを聞いてみたら、
「よくいらっしゃいますよ。先日はお友達と…ノヴァーラの森本さんと」
だって!(・∀・)
すき焼きを食べてったそうです。

帰り道はちょっと雨に降られてうすら寂しい気持ちになっちゃった。
もう一週間、いや三日でもいい、まだ帰りたくないよー!
でも普通のお味噌汁やら煮物やらが恋しいよー。
名残惜しくて寂しくて、でもちょっとホッともしてしまうミラノ最後の夜でした。


帰国の巻に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック