マニアックヘブンvol.5@新木場 STUDIO COAST

もはや年末の風物詩、マニアックヘブン
これがなきゃあ、こちとら年越せねぇんであります。

マニアックも6回続けばありがたみも薄れてきそうなもんですが、まだまだ沈澱しているマニアック成分、ステアしてみればほーら、クセもキレもサプライズもあるライブになりました。

ってことで、ドリンクは今年も絶対安全な光舟作「フロイデ」をチョイス。
(上手いなこの流れ・笑)
光舟が作るものにハズレなし!
美味かったです。

同行のたかおみさんは山田作「警鐘」。
なんて素敵なチャレンジャー(笑)。
ひと口いただいたけど…んーーー、いい加減にしろよ社長!(笑)


「警鐘」の後味引きずりながら会場入り。
荷物だけ2階指定席に置いてフロアに降りた。
向かうのはもちろん栄純前。

なんかヘンなSEがかかってる。
ライブ音源ぽいんだけど、なんかヘン。
なんかぺらっぺら(笑)だし、歓声がわざとらしいし。
それにどっかで聴いたことがあるようなないような。
でもかっこいい。
これ、ズンがライブっぽく作ってたりしてな。だったらおもしれー、とか思ってたら、その通りだった(笑)。
マツと光舟がリハでインプロってたのを隠し録りしたズンが、ギターを重ねて作ったんだって。
あとでMCで言ってました。


照明が落ち、湧き上がる歓声。
その興奮を鎮めるようなピアノの音色。
あ、山田っぽいな。。。
ピアノに弦楽器が重なり、スペクタクルな展開へ。
ピアノの旋律がだんだん乱れていく。
狂気を感じさせる不協和音のインプロビゼーション。
、、、これって、これって!
まるで「ART OF LIFE」じゃねーのっ!(笑)

、、、いけね、山田がよっちゃんばりに髪振り乱してピアノと格闘している姿を想像しちゃった(笑)。
だめだめ!
マニヘブの一曲目への集中力が、緊張感がぁ。。。

そんな私の妄想を一瞬で払いのけたのはマツのカウント。
それに続く、郷愁を誘うズンのギター。
「8月の秘密」!
山田の絶叫。
うわー、声出てねー。
その掠れ声、胸掻き毟りたいほどにゾクゾクするんだよ。

山田社長、私の眼の錯覚でなければ、「孤独な戦場」「ミスターワールド」「ファイティングマンブルース」で、3回続けて、、、タフねぇ(笑)。
あ、「孤独な戦場」は違うモノだけど(笑)。

「水槽」、2年前の大阪で演奏されて東京ではやんなかったんだよね。すっごいうらやましかった。
だからもう、あの不穏なイントロでスーっと血の気が引いた。
こういう陰鬱な曲、もっと作ってほしいんだけどな。

「ディナー」は表情も声もエロすぎてヤバかったよ社長!(笑)
サビはメロディーを変えて、裏声を地声で歌ってた。
あのパターンもかっこよかったな。

「花びら」のズンのコーラスがねぇ、もうかわいくてかわいくて。
山田の声と栄純の声が溶け合って、綺麗で幸福な空間を作り出してた。
つーか、山田の声に自分の声を重ねてることに、
「俺今すっごい幸せ!」って顔してたよ、ズン(笑)。
なーんか、ほんと、目の前が桜色になっちゃったよ。

「砂の旅人」…すっごい久々!
大好きな曲だから嬉しかったぁ。
ちょっと沖縄民謡っぽい音階と無国籍な情景。
なのに「垂乳根の」なんて詩も入る。
こういう浮世離れした曲ももっと欲しいよなぁ。

しかしなんといっても私的目玉は「枝」。
出だしのギター、ちょっと危うかったけど(笑)。
でもそのイントロからすでに涙目。
大サビではもう、ダム決壊。
山田の渾身の、もはや叫び声にもならない、魂の放出。
それに貫かれるのは、痛くて愛おしくて、何物にも代えがたい悦び。
山田がどんな表情で歌いきったのか、視界がぼやけて見届けることができなかった。


アンコール1曲目は、なんと「夕焼けマーチ」!
この曲だけはライブは不可能だと思ってたけど、スタッフを「マニアック楽団」にするという荒技で実現させちゃった。
私の注目はもちろんマネージャー氏(笑)。
一生懸命たて笛吹いてました。
山田のトランペット、かっこよかったー!
なんでもできちゃうんだよなぁ、社長さんは。

オーラスはもちろん、この曲をおいて他にない「さらば、あの日」。
もう、だめだね、この曲は。
いつどこで何度聴いても泣けてしまう。
この曲が持つ切なさ、やりきれなさ、焦燥感が、THE BACK HORNを「あの日」に戻してしまう。
「苛立ち」「掻きむしり」「じりじりと身を焦がして」いた「あの日」へ。
そして最後には
「ただ願う 咲け花」
と、まっすぐに前を見つめて歩き出す。
年に一回、マニアックヘブンの最後に演奏することに意味があるような気がするこの曲。
まるで儀式のような、約束を交わすようなこの場所に、今年もいられたことが嬉しい。


来年はどこでどんな曲が聴けるのかな。
欲を言えば、もうちょっとこじんまりしたとこでもいいんだけど。
ああ、「新世界」はいつになったら聴けるのかなぁ、、、。


【セットリスト】

8月の秘密
ピンクソーダ
孤独な戦場

ミスターワールド
ファイティングマンブルース
ハッピーエンドに憧れて
水槽
ディナー

花びら
砂の旅人
舞い上がれ

リムジンドライブ
パッパラ
青空
共鳴


en

夕焼けマーチ
魚雷
さらば、あの日

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

13
2010年12月28日 20:01
もう一週間以上経っちゃったんですね
まだ気持ちはあの場所においてきたままみたいです

枝につきます
聞きたい、しかしシャチョサンにはあまり無理して欲しくない、と常々思っていましたが…歌いきった後のこれまでにないデカい声のありがとう!がまた…私も決壊していましたが何とか2階から微動だにせず見ていました。

夕焼けマーチのスタッフ総動員も良かったですね
さらば、あの日を聞くと毎年来年も頑張ろう、と背筋が伸びる思いです

残念なのは花びらをデュエットする夢が栄純の声のデかさに完全に負けてしまったことです、嬉しそうでしたか、ホントわかりやすくて可愛いなあ

やっぱりTHE BACK HORNは自分にとって特別なバンドだと再確認しました
みき
2010年12月29日 13:59
>13さま
「ありがとう」って言ってましたね、シャチョサン(笑)
栄純の笑顔は無敵です。
ほんっと幸せな気持ちになれます。
社長のエロさも無敵ですけどね(笑)

今年もいっぱいライブに行けて幸せな一年でした。
13さまにとっても私にとっても、また来年も幸せいっぱいでありますように!

この記事へのトラックバック