けつに

かなり亀レポになってしまいました…。

「けつに」=ケツから二番目、ってことですな。
山田さんが言ってました。

2010年12月1日(水) THE BACK HORN「KYO-MEIツアー」~アサイラム~@ZEPP TOKYO。

この日も私は二階席。
だって楽だし、全体がよく見えるんだもーん。
ステージまでの距離はちょっと遠いけど、心はズンの汁かぶり(笑)。

OPSEのさ、ギターだけになるとこ、アレなんて言ったらいいんだろ?
なんか昔くさーい、いなたい感じのフレーズ。
アレ大好き。
SEは彼らの実験場でもあり、底力を見せつける場面でもあり、かなり重きを置いてると思う。
いつかSE集なんて出してくれないものだろうか。

1曲目の「雷電」。
マツのバスドラに呼応して、私の右足も自然にリズムを踏む。
間奏での栄純の、名ギタリストっぷり(笑)も堂に入ってきた。

3曲目はこれまでの「サニー」に変えて「声」を入れてきた。
誤解を招きかねない表現をあえてするならば、なーんかほっとする(笑)。
耳馴染みのいい曲ですからね。
もちろんノリノリなんすけどね。

「再生」。
目くるめく展開のこの曲。
A,Bメロはサスペンスドラマ。
ざわざわするのが快感。

一転して仄暗く厳かなパート。
慈雨のように降り注ぐ、栄純の綺麗なコーラス。
礼拝堂の中にいるみたいだ。
あれ?なんだかどんどん山田と声が似てきてる気がするぞ。
CDでもこのコーラス、実は栄純だったりする?

「残像を焦がして・・・」からの、フロント三人の暴れっぷり半端ない。
モニターに駆け上がり、ネックを高々と掲げる光舟。かっくいー!

アグレッシヴな間奏を挟んでの壮大なエンディングにはいつも泣かされる。
特にね、
「何度でも歩み出せ 傷ついたその足で」
なんてね、涙無しには聴いてらんない。

何の曲のときだったろう?
山田がエレカシ・ひろぢに見えて笑っちゃった場面があった。
モニターに片足かけて、少し前かがみで歌うあの姿勢。
足の細さとかヘアスタイルとか。
白シャツ定番の頃も、
「ひろぢへの敬意の表れ?」
とか思ったけど、あの頃はズボンがだぼだぼ(笑)だったから、そこまで似てるとまでは思わなかったな。

ヘッチルの例の部分は…もういいですわかってます(笑)。
「ゼップ トーキョッ!」
はい、想像通りでした。
けど、文字にすると伝わらないよねぇ。

山田の声、いい感じの掠れ具合だった。
しょっぱな「あ、けっこう声キツそう。最後まで持つかな?」と一瞬心配しちゃうとこもあったけど、なんのなんの!
声の調子を維持していく技もすっかり習得しているのだな。
なんて頼もしい。

頼もしいのは山田だけではなく、楽器隊の分厚くたくましい音もだよね。
ハラハラする場面がまったくなかった。
(この日は「あの曲」が演奏されなかったから?笑)

終盤、「ペルソナ」からの怒涛の3曲は、フロアの熱気がむんむん立ち昇り、もちろん自分もむんむんしてるもんだから、もうあっつくてあっつくて。
もっともっと空調プリーズ!
沸点超えの激情がぶつかり合って渦巻いて、フロアはもう凄まじいことに。


本編ラスト曲「パレード」前の山田の言葉。
「ツアーはもうすぐ終わってしまうけど、何も終わるわけじゃねぇんだよな。
これからもTHE BACK HORNと一緒に歩いて行こう」
って、、、!
ここまで力強い山田の言葉って初めて聞いた気がする。
陳腐な言葉なのかもしんない。
でも、あの山田があの口調でこんなことを言うなんて。
少しばかりの戸惑いを感じながらもぐっとさせられた。

「パレード」
栄純が歌ってる。
口をおっきく開けて。とっても晴れやかな笑顔で。
もう、それだけでとっても幸せな気持ちになる。胸が熱くなる。目頭も熱くなる。

「あの街を出た衝動と」で、栄純に攫われていく(笑)山田を、背を向けて送り出すきみちゃんの姿が浮かぶ。
(もちろん会ったことなんてないけど)
「お前が居てくれたことを」の「お前」はもちろん、、、決まってるよね!

アンコールは「刃」一曲かと思ったら、「無限の荒野」もきましたー!
間奏でまたしてもズンによじ登ろうとする山田。
や、だから無理だからやめなってー!
だけどあれ?
中途半端に、よじ登る途中って感じで栄純をがっつり踏みつけてる!
山田に踏みつけられてるズン、、、。
ちょっと邪な感じ、、、イイ!(笑)

前にもこれが完成形?ってときがあったけどいつだっけ?
山田が靴履き出してからだよね。
やっぱ裸足だとすべるんだろうな。
それで靴履きだしたわけじゃあないだろな?山田よ(笑)。

そして期待に違わず派手にひっくり返り、倒れたまま歌い続ける山田。
「ほら、やっぱそうなるじゃーん」
って笑った。
笑ったけど、そんなむちゃくちゃっぷりがとてもとても愛おしい。


やっぱ二階席って落ち着くわ。
いや、もちろんのりのりののりすけさんですけど。
いろんなストレス感じなくて済みますからね。
ズンの笑顔を間近で見るためなら、グジョグジョドロドロガッツンガッツンでも平気よっ!
って気持ちもありますけどね。
まぁ、次はクアトロですから、久々に揉まれてきますかね。

【セットリスト】

雷電
ラフレシア

再生

カラビンカ
怪しき雲行き
ヘッドフォンチルドレン
海岸線
冬のミルク
閉ざされた世界
ペルソナ
コバルトブルー
戦う君よ
パレード

アンコール


無限の荒野

画像


お疲れちゃん。
「けついち」もよろしく!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

13
2010年12月10日 00:27
けつに、私も二階席でした。もちろんのりのりでした。最後列で。
この日が自分的ファイナルだったので山田の言葉にはやられましたね。
そうそう最初のSE、全く同意です。前のがサイバーだったから逆にいなたくて新鮮で結構お気に入りです。
あと頼もしいっていうのも…初めて見た二年前は少年(!)のようだったのが、すっかり大人の男の人になって、と近所のオバチャンのように感慨深くなってしまいます。
存在も音も声もたくましくなりましたね。
既に伝説と化している(うらやましすぎな)けついちレポ、楽しみにしています。
みき
2010年12月11日 15:18
>13さま
山田は、普段MCではペラペラしゃべらない分、一言一言の重みが違いますよね。誰かさんと違って(笑)。

SEいいですよね。
一曲目の「雷電」につながっていく感じも、すごく考えて作ったんだろうなって気がします。
毎回ツアーの度に思うけど、一回のツアーだけで聴けなくなっちゃうのがもったいない。
DVDとかに収められてくれたらいいんだけどな。

けついちレポは、まだメモ書き程度で途中なんです。
明日までに上げられたらいいんですけど。。。
亀ですががんばります!

この記事へのトラックバック