OTODAMA'10 音泉魂@泉大津フェニックス その3

THE BACK HORNで体力絞りきったので、焼きソバとビールでエネルギーチャージしてる間にCocco(露天風呂ステージ)が始まっちゃってた。

ステージへと向かう途中の夕日があまりに綺麗で、暫し立ち止まって見惚れた。
空はまだ青さを残し、遥か遠くに入道雲。
関西空港が近いので飛行機も飛び交って、フィールドに広がるのはあっちゃんの歌声、「強く儚い者たち」。
信じられないくらい綺麗で贅沢な風景だった。

露天風呂ステージのエリアから客が溢れ出てたので、エリアを囲む柵を外から掴んで観賞。
「ニライカナイ」の、あっちゃんの伸びやかな歌声が、汗にまみれたこの身体を清めてくれるようだ。

大好きな「絹ずれ」は沖縄の言葉で歌った。
ユタのお告げを受けるように聴いた。

どんどん神様に近付いていってるようだったよ、あっちゃん。
その細い身体を見つめていると心が苦しくなるけど、悲壮感はない。
最後の曲「玻璃の花」は、どこまでも優しくて穏やかだった。
日が落ち、やっと涼しく感じられ始めた風とあっちゃんの包み込むような歌に癒された。

【セットリスト】

強く儚い者たち
カウントダウン
ニライカナイ
蝶の舞う
絹ずれ
玻璃の花


あっちゃんのステージで夢見心地になった私は、基地に戻り爆睡。
たかおみさんに「怒髪始まるよ」と起こされて、露天風呂ステージへ。

エリアで怒髪天の登場を待ってたけど、私はもうひとつの大イベントの時間が近付いてきているのでそわそわしてきた。
たかおみさんにワンセグを借りて、日産スタジアムで行われているサッカー・日本vsパラグアイの放送を見せてもらう。
ちょうど選手入場の場面。
本田△と手をつないでる子供いいねぇ、一生の思い出だねぇ、キ○ンのお偉いさんちの子かな、なんて言ってるうちに時間になった。

鳴らされたSEはなんと!BEAT CRUSADERSの「SASQUATCH」だ!
最初は驚きの声、そして大歓声大爆笑のオーディエンス。
大浴場ステージ前でビークルを待つお客さんたちもさぞやびっくりしたに違いない!
ステージ間違えた!?ってこっちに走ってくるお客さんもいたかもね(笑)。

え!?ってことは?もしかして?まさか?いや、絶対そうだよね!
とワクワクしている私たちの前に現れたメンバーはこれだ!
画像

わははははっ!
さすが怒髪天、やってくれるわ!
笑いすぎて腹いてーーー(涙目)。

しかしこれだけでは済まなかった。
ご本家同様、お面を客席に投げ入れて始まった曲は、な、な、なんと!
ビークルの曲「BE MY WIFE」やんけー!
さらに大浴場からこっちへ向かってくるお客さん多数、、、だったと思われ。

しかし兄ぃ、英語歌えてねーじゃん(爆)!
この曲は「BE MY WIFE」じゃなくて「嫁に来ないか」だって(笑)。
OTODAMAのブログのセットリストにも、しっかり「嫁に来ないか」と載ってます。

ダミ声で「アイスクリーム、ユースクリーム」(振り付)や「おじょおさん~、おーじょおさん~」と歌われる、榊原郁恵ちゃんの大ヒット曲「夏のお嬢さん」。
間奏でパントマイムやマイケル・ジャクソンの「スリラー」ダンスを披露する「ドンマイ・ビート」。
もー、SEからずーーーっと笑いっぱなし。
日焼けですっかり乾燥してんだから、さらにこんなに笑わせちゃあシワシワだよう!兄ぃ!

最後は「オトナはサイコー!」と拳突き上げて飛び跳ねて、みんなにっこにこになって終了。
あー、楽しかったと満足気な私たちに兄ぃは、
「止まれ!回れー右!全員ビークルへ向かえー!ハイ、いっちに、いっちに!」
と号令をかけた(笑)。
エリアにいるオーディエンス全員、足踏み揃えて行進していく様って、、、
ロックだ!みんななんてロックなんだー!

【セットリスト】

嫁に来ないか
酒燃料爆進曲
労働コーリング
夏のお嬢さん
ドンマイ・ビート
夏のキリギリス
オトナノススメ


ここまですっかり日産の方のことは忘れていたけど、基地に戻ったとたん思い出し、すかさずワンセグチェック。
うおー!?日本1点入れてるじゃん!
誰が得点したのかたかおみさんに調べてもらったら、香川ちゃんでした。
でかした、香川!


さて、いよいよ大トリの「BEAT CRUSADERS」。
このステージを最後に「散開」となる彼ら。
大浴場ステージのスタンディングエリアはすでにぎゅうぎゅうだったので、基地からモニターを見ることに。

本日二度目の「SASQUATCH」でメンバー登場後、大好きな「LOVE DISCHORD」でスタート。
こんな切ない曲を一曲目に持ってくるなんてぇ、、、。
「DAY AFTER DAY」はノリノリながらも涙が溢れた。
ヒダカの声、やっぱ大好きだー!

しかし露天風呂ステージでのサウンドチェック(「風呂そうじ」としてTheピーズが演奏)の音かぶりが酷いな。
集中できないので、私ひとりで行けるだけ前へ。
エリアはぎゅうぎゅうなので、遠かったけど柵の外からビークルとしての彼らの最後の姿を拝んだ。

当然、例のアレもやりましたよ。
アレといえば、そうですアレです、お待ちかねのオ○ンコールでーす!
これで最後だから、いつも以上にしつこくコールアンドレスポンス。
私もしょーがない、最後だからと諦めて、小声で叫びましたよ、もちろん!

本編ラストは、本日二度目の(笑)「BE MY WIFE」。
兄ぃには悪いけど、やっぱりご本家の方が何倍もよかったよ(笑)。

アンコールは基地に戻って聴いて、「HIT IN THE USA」やってほしかったねぇとか言いながら会場をあとにした。
もちろんワンセグ見ながらね(笑)。
日産の方は後半ロスタイムに駒野が出てきて、「うおー、こまちゃんっ!がんばって!!」とか言ってると、会場から「HIT IN THE USA」がっ!
ノリノリで手拍子しながら駐車場まで歩いていく途中で日本の勝利!
「やったーーー!」
と飛び上がって喜ぶ私を見て、たかおみさんが一言、「今日一番のはしゃぎっぷりやな」。
ははは、、、すいません。


長くて暑くて熱い一日でした。
どこに行っても何をしていても熱湯風呂に浸かってる状態で、よく持ちこたえられたもんだわ。
やっぱり大好きな音にまみれているときが、一番生きてるんだよな、私。
そこに仲間がいる、酒もある(今回はちょっとだけサッカーも・笑)。
日々の辛いことやくだんないことも、こんな楽しい幸せなときがたまにあればなんとか乗り切っていけるもん。
ロックを聴き続けてきてよかった!
と、また思わされた素敵な一日でした。

ありがとうOTODAMA。
また来年な!

画像

翌朝の伊丹空港で出会った「せんとくん」と。
キモカワっっすねー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック